>  > スマタまで到達しない・・

スマタまで到達しない・・

特に指名は考えてないので、スタッフにはフリー宣言をしておきます。そしたら、サービスとばかりに在籍しているヘルス嬢の写真を見せてくれました。この女の子の中なら誰が来ても問題ないと確信しました。今どき、珍しいぐらいスタッフの丁寧な接客に逆にこっちが恐縮してしまいました。5分ほど待ったところでコールです。プレイルームは狭くて、最近の箱ヘルという感じで妥当ですね。まずはあいさつをして、服を脱がしてくれて二人でバスタオル状態で共同のシャワールームには入ります。そこで体を洗われて、イソジンでうがい、これは口移しで気持ちがいいです。その後、プレイルームでプレイスタートです。ディープキッスでくらくらになりながらも、乳首舐めでちんこがフル勃起になり、そこから生フェラチオとなります。ここで不覚にも大きな波が来て女の子に手コキをお願いして発射となりました。2回戦もいけそうだったので、女の子にそれを言ったらさらにフェラチオしてくれます。逝くなら時間が心許ない感じだったのですね。私も女の子のおまんこを広げて鑑賞しながら性感を高めます。そこで、気持ち良くフィニッシュとなりました。

デリヘルでリピし続けたい女の子の理想像

最近、遺産相続をしたおかげでお金には不自由の無い生活をしています。それまで金銭苦でデリヘルの利用も諦めていたのですが、またまた夜遊びを復活してしまいました。これも単身赴任だからできる大人の遊びなんですよね。嫁は私がデリヘルで遊んでいるのを知らないと思います。男性というのは心と体は別なものなので、例えばれても理解してくれるでしょう。昨日もデリヘルの女の子を呼んで、まったりと恋人のようなプレイをしました。時間は眺めに120分、これだけあれば最初と帰りにシャワーを浴びても余裕です。もっとしたくなれば延長をすればいいので、基本的にはいつも120分コースにしています。相手の女の子はお固い職業についているOLだそうで結婚を控えた彼氏がいてもこの仕事をしているそうなんです。女の子に相手がいるとなると余計に燃えるのは寝取られたいという願望があるからかもしれません。体の相性もバッチリなのでしばらくはこのOLの女の子をリピしていきたいと考えているのでした。

[ 2015-05-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談